読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DeNNKoのソイエット日記

ソイエットを実践する過程で得た、知識、理論、心理を記録するブログ

太る習慣について

 

皆さん、オココ~。DeNNKoです。

 

今回は、

dennko2017.hatenablog.com

の終わりに書いた”太る習慣”について、さらに詳しく書いていきます。

太る習慣を知れば、自分がどうして太り続けているのかわかり、太らない為にはどうすればいいのかが見えてくるはずです。

それでは、太る習慣を端的に書きます。

 

今回は、先に結論から書きます。太る習慣はこの2つしかありません。それは、

  • よく噛んで食べない
  • 栄養が偏った食事

のこれだけです。世間ではもっといろんなことが言われていますが、もとはこれがすべての原因です。

では、この2つが及ぼす影響を詳しく書いていきます。

 

 

よく噛んで食べない

これが太る習慣の中でも、一番の原因であり厄介な習慣です。

これが原因だと思われる、一般的に言われる太る習慣を挙げていきます。

  • 暴飲・暴食
  • 早食い
  • 食べ過ぎ

などがあります。他のサイトには、性格やストレスが原因だと書かれているものもあると思いますが、それは間違いです。

もし、性格やストレスが原因だったとします。例えば、

  • 怒りっぽい性格の人が、イライラしたから暴飲・暴食してしまった。
  • せっかちな性格だから、早食いになってしまう。
  • 今日、嫌なことがあって、ついつい食べ過ぎてしまった。

なんてことがありました。確かに、上のように書かれるとあたかも、性格やストレスが原因だと錯覚してしまいますが、そうではありません。

 

なぜならよく嚙んで食べることが出来れば、結果は全く違うのです。

まず、よく噛んで食べると、食べるのに時間がかかります。なので早食いが出来くなります。早食いが出来なくなると、食べ過ぎることが出来なくなります。

暴飲・暴食も一緒です。噛む回数が少ないせいで、食べ物を飲み物で流し込んでしまいます。その結果、食べる量も飲む量も増えてしまうのです。

これを読んで「せっかちな性格だから、よく噛めないんじゃないの?」と思うかもしれません。ですが、せっかちな性格を変えなければ、よく噛んで食べれないわけではありません。よく嚙んで食べる習慣をつけることは、そこまで難しい事ではないのです。しっかり太る習慣を理解していれば、自ずと出来ていきます。

 

栄養が偏った食事

これも太る習慣の中で、重要な意味を持っています。

デブの皆さんの中で、”自分はバランスの摂れた食事ができている”と声を大にして言える人は、それ程いないと思います。なぜなら、このバランスの摂れた食事がものすごく難しいからです。

さらに、自分の大好物は”肉、油、米、お菓子”です。これを好きなだけ食べていれば、デブになるのは簡単に予想できますよね。だいたいデブが陥る栄養が偏った食事とは、”タンパク質・脂質・糖質”ばかりの食事になると思います。

なぜ、例外もなくデブは”タンパク質・脂質・糖質”が大好物なのか?

それは”体に必要なエネルギー源”だからです。この詳しい話は、もう少し難しいので、また次回”食事”で書きたいと思います。

 

この2つを解決する方法は?

なんと、この2つを一緒に解決出来る、簡単な方法があります。それが、

 

野菜を食べる。

 

です。ここで自分の話をします。自分は野菜が嫌いです。今まで生きてきて、野菜を食べたい、野菜がおいしいと思ったことがありませんでした。ですが、わざわざカレーライスに入っている人参をよけたり、ラーメンのもやしを残したりなど、そこまでひどい偏食でもありません。野菜を食べるくらいなら、お肉が食べたいという考え方でした。

そして、こんな野菜嫌いにこそ、太る習慣には効果が絶大なんです。皆さんはどうかわからないので、自分の主観でしか書けませんが、自分は”嫌いなもの”を食べるときほどなかなか飲み込めづ、噛み続けてしまう癖があります。

その上、野菜には普段摂ることの少ないビタミン・ミネラル・食物繊維がたくさん含まれているものが多いです。

正しく一石二鳥とはこのことだと思いました。こんな簡単なことに、なぜ気づくことが出来なかったのか、それは知らなかったからです。もう少し正確にいうと知ろうとしなかったが正しいです。

 

なぜ野菜を食べないのか?

小さいころ、親から「野菜も食べなさい。」と言われたことがある人は少なくないと思います。そして心で「なんで、こんなまずいものわざわざ食べなくちゃいけないの?」と思っていました。

小学校の家庭科の授業で、”野菜を食べる必要性”も学びました。

今では、食べられない野菜は数えるくらいしかないのに、食べようともしません。

その理由は、すごく簡単なものでした。それは、

食事とは食べたいものを食べること。

だと思っていたからです。

google先生に食事について聞きました。食事とは - Google 検索

本来の意味は、人間が生命を維持し活動し成長するために必要な栄養素を摂る行為となります。確かに、デブの食事でもエネルギーは摂取しているので、活動の維持は出来るかも知れません。しかし、必要な栄養素がすべて摂れているわけではありません。これが原因で生命の維持が出来なくなってしまうのです。

 

なぜこんな食事を摂ってしまうのか?

なぜこんな食事を摂ってしまうのか?

それは、

心を満たすため食べるから。

この考え方が、ストレスが原因で太ってしまうといわれる真実なのです。なぜなら、美味しいものを食べると、幸せな気持ちになるのはみんな一緒だと思います。つらい事や悲しい事があった時、その気持ちから解放されたいがために、食事をしてしまいます。これはデブだけにあてはまる事ではありません。1日の仕事のストレスを、お酒を飲んだり、スイーツを食べたりして解消すること自体はいけないことではありません。

では、デブだけなぜ太ってしまうのか?それは上にも書いた、

噛まないせいで、ストレスを解消するまでに余計に量をたべている。

これについては、習慣は変えれば抑えることが出来ます。更にもう一つ、

ストレスを食事でしか解消できない。

これが難しい問題です。ストレスを解消する方法はたくさんあります。google先生に質問しただけでも、かなりの数がありました。ストレス 解消法 - Google 検索

では、なぜデブは食事だけでストレスを解消しようしてしまうのでしょうか?

 

食事でストレス解消する理由

これには色んな理由があると思いますが、一番多いのは、

手っ取り早く解消できる。

からだと思います。正しくこれも一石二鳥になり、一回の食事で”心””お腹”も満たされるからです。しかし、この問題は更に深刻化していきます。

それは、一回の食事でだけを満たそうとしてしまうことです。こうなってしまうと、本来の目的である”食事”ではなくなってしまいます。しかも、心を満たそうとするあまり、体には必要のないエネルギーを摂取することになるのです。

このような事態に陥らない為には、どうすればいいのでしょうか?それは、

  • ストレスを感じない(溜めこまない)ようにする。
  • 食事以外のストレス解消法を実践する。

ことです。ストレスとの向き合い方は、かなり難しくなるので、次回”心理”で書いていきたいと思います。解消法は自分に合ったものを探してみて下さい。今の自分だと、カラオケかアニメくらいですが、運動がストレス解消法に出来れば、ソイエットがかなりやりやすくなると思います。

 

次回は、運動について記事を書きたいと思います。

 

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

 

広告を非表示にする